思えばWiiを買ってもう10年近くになります。

思えばWiiを買ってもう10年近くになります。見た目はボロボロだけどまだ十分使えます。久しぶりに起動してやったソフトは持ってるものではなくダウンロードしたVC(バーチャルコンソール)。ファミコンやスーファミなど古いソフトがいっぱい遊べますが、その中でも64ソフトでよく遊んでました。

Wi-Fiが終了してしまったので、オンラインで対戦も出来ず今はもっぱらゲームキューブソフトかVCやってますね。
VCといっても買ったのは数年前の物ばかりです。買ってもいいけど興味あるものは今は特になし。

64って他ハードに比べて高価な方なので、ショッピングチャンネルでダウンロード履歴を見ると結構お金を使ってます(゚Д゚;)

実はどうしても出してほしい64ソフトがあるのですが、何年たっても出ることはなくてもうあきらめました。シリーズの初代なんですがもうこれは古いハードを買ってプレイするしかないですね。はぁ残念…。ハード自体お店で殆ど売られてないレアものなんで見つかるかな。

パルクレール

乃木坂にある国立新美術館に日展を見にいきました。

乃木坂にある国立新美術館に日展を見にいきました。新聞社から日展の入場券が当たったこともありますが、妻が日本画を勉強していることもあり家族で行くことにしました。
観覧している人は休日だったこともありますが多かった方ですが、混雑しているほどではなかったのでゆっくり見学することができました。
初めて日展を見たのですが、キャンパスの大きさと精巧にえがかれた絵画をみて圧倒されました。近くで見ても動物の毛や樹木の表面など丁寧に時間をかけて描かれているのが素人がみてもわかります。
日本画から見ましたが、どういうふうに作成したのか推測することも困難が作品が多く奥深さを覚えました。子供も感じるものがあったようですごいと連発していました。
洋画と彫刻も展示されていましたが、芸術に携わる人の多さと真剣さと想いが十分に伝わってきて正直なところ見ていて疲れてしまいました。自分の知らない世界でこんな大作を作成していることを知ることができ勉強になった一日になりました。

 

今、私と子供が、はまっているのは海釣りです。

今、私と子供が、はまっているのは海釣りです。私と息子が初めて海釣りをしたのは、息子が海釣り行ってみたいというので、簡単な釣り竿とイカのすり身を持って漁港の西側水銀灯付近に行った時のことでした。全然釣れない私たちの横で大量にサッパを釣っているご夫婦がいました。全然釣れず拗ねている家の息子を見て、奥さんが自分たちの餌にしているアミエビを少し分けてくれました。そのアミエビを使って私達も釣りだしたら初めてなのにたくさんサッパを釣ることができました。次の週にまた息子を連れて出かけると、イワシやコノシロやアジがたくさん釣れて、隣には大きなカサゴやクロダイを釣っている人もいました。その話を主人にしたら是非自分も釣ってみたいと言い、釣りに行き、たくさん釣れたのでよくその釣りポイントに出かけるようになりました。釣り道具屋さんで仕掛けにトリックと冷凍のアミエビを買って、漁港に出かけます。西側水銀灯付近はたくさん釣れる場所なので必ず先客がいますが、右側先端が特に釣れます。釣れる時は本当に入れ食いでアジやイワシなど小さいですが、一回糸を入れるとトリックに2、3匹かかります。台風の前など魚が港に逃げてくるのか食べきれないほどたくさん釣れます。たまになかなか西側水銀灯付近が空かない時は、白灯台提で釣りをするときもありますが、サビキ釣りでクロダイや太刀魚など大きな魚を釣っている方もたくさんいます。私は女姉妹で育ったので釣りなどの男の子がする遊びは興味がなかったのですが、男の子を授かったおかげで楽しみが一つ増えました。

 

昨日、親にシバきをくらいました。

昨日、親にシバきをくらいました。
何だろうと思ったら夢で、まる犬を自分が虐待していたのを見て、とっさにメールでシバいたのだそうです。
ちょっとボケ入ってないか母と思ってしまう辺り不安ではあります。
母は脳出血と、DV人の策謀による賛同者のシゴキで、かなり人前に出るのがいやになってしまったみたいです。
とはいっても、色々思うことがあって、この前、お前が60になったら家族ってどんなに喧嘩していても、離れられない手助けするものなのだって気がつくよなんて言っていました。
自分に家族が出来るのかはさっぱりですが、まあ母も本当に長生きしてもらいたいです。

確かに本当に親には助けてもらいました。
普段はうそぶいたり、キレたり、色々ではありますが、やっぱりマザコンファザコンではなくて、親子の繋がりって確かにあると思います。

宮崎つとむのような関係ではなくて、健全に親子ってあると思っています。親離れ子離れって出来ていると思っているようでそうでもない部分もあります。